廃車買取価格は、他の業者だと平均0円という所が一般的です。中古車は、国内市場においては10年落ち以上になってしまうと価値がなくなってしまうと考えられていますが、廃車の場合には手続きに費用がかかったり、その代行を依頼すると代行手続き費用が発生することになります。1台当たり1万円近くかかることが多いため、廃車の引き取りでもそうした経費を徴収されるところもあるのです。忙しい人や自分で廃車の手続きをどのようにすれば良いか分からない人にとっては、手数料を払っても業者に一任したほうが便利ですし簡単なわけですが、カーネクストなら廃車買取でも査定額をつけてもらうことができるので、平均0円で手放すということがありません。

 

カーネクストでは、車の年式や状態、海外でのニーズな銅に応じて廃車買取価格を計算しています。20年落ちでエンジンが動かなくなってしまったような車でも、カーネクストなら1万円程度の査定額をつけてもらうことができますし、10年落ちでまだまだ修理をすれば乗れそうな車なら、廃車買取でも7万円〜10万円の買取価格がつくことも珍しくありません。その車によって査定額が異なるため、平均いくらで買い取ってもらえるという目安を設定することはできませんが、他社よりも高い買取価格をつけてくれることは間違いありません。

 

カーネクストが行っている廃車買取の中には、自己を起こした現場にスタッフが急行し、その場で廃車買取査定を行った上でレッカーで引き取るという対応をしてくれることもあります。その場合でも、カーネクストではレッカーや廃車の手続きは無料で行っているので、車としての価値を単純計算し、廃車買取査定額として受け取ることができます。基本的に、エンジンがまだ動いて自走できる車だと、平均買取価格は高くなりますし、エンジンルームのダメージが少なかったり、修理をすれば中古車としての価値が見いだせるような状態なら、平均買取査定額も高くつけてもらうことができます。

 

カーネクスト公式サイトはこちら!



廃車買取価格の平均と相場について

廃車買取業者は全国にたくさんありますが、それぞれ査定のポイントや査定額の付け方は大きく異なります。中古車買い取りの時と同じように、廃車買取でもコツを抑えたり工夫することで、買取価格の相場を高くできることはごぞんじですか?

 

こうした業者を利用せずに、自分自身で廃車の手続きをすると、いろいろな費用が掛かります。例えば、永久抹消の手続きをすると、車を引き取ってもらう際にかかるレッカー費用が数万円、廃車でスクラップにする際にかかる費用が3万円程度、その他リサイクル料金や廃車の代行費用などが掛かるので、合計で10万円程度かかってしまう事が少なくありません。一時抹消登録なら、そうした費用を節約することは可能ですが、それでは廃車にはならないので、不動車を持っている人にとっては、根本的な解決にはなりませんよね。

 

廃車買取業者を利用して車を手放す場合には、そうした廃車手続きにかかる費用を全て節約できるだけでなく、パーツごとに価値が残っていれば、パーツの買取ということで査定価格をつけてもらうことができます。少しでも高く買い取ってもらうコツとしては、交換したパーツがある場合には、それをアピールするのがおすすめです。例えば、タイヤを交換したばかりだったり、バッテリーやホイールを交換したばかりだったりすれば、そこに価値がつくわけです。中古車としての価値はなくてもパーツに価値があれば、それを買い取ってもらうことができるので、0円以上の買取査定がつくと言っても不思議ではありませんね。

 

廃車買取業者を利用する際には、いくつかのポイントを抑えた業者選びが必要です。まず1つ目は、不動車や車検切れの車の買取では、レッカーを出してくれるのかどうか、その際にはレッカー移動などの費用はだれが負担するのか、という点を確認しましょう。廃車買取業者の中でも顧客満足度がとても高いカーネクストでは、レッカーなどはすべて無料で手配してもらうことができます。また、廃車の手続きをする場合には、業者が代行すると代行費用が1万円程度かかってしまう場合があります。カーネクストのように、代行手数料がいっさいかからない業者を選ぶというのもまた、少しでも高く廃車買取業者に引き取ってもらうコツと言えるでしょう。

 

カーネクストの詳細はこちら!